真岡鐵道のC12

川俣線廃止を惜しんで福島県川俣町に保存されていたC1266(川俣号)が、1994年3月27日に復活。 架線の無い純ローカル線を行く、バック運転のC12は実に良い被写体です。'96年3月のターンテーブルの完成で、一時はバック運転が見られなくなりましたが、'97年4月からはほぼ月1回のペースで、バック運転が復活しました。しかし、現在は、中断され残念でなりません。

'98年11月からは、C11325(水原号)が登場。 C1266は、予備機となり、運用期間が狭められました。 
このC11325・・・角型ドームの戦時形なのに丸型ドームに変更、デフも背の高い物になったりと、かなりオリジナルが損なわれています。
ATS−SNを装備するC11に対しC1266はATS−Sのため、貸出しはC11の方が多いのが現状。C12を追う私にはC11が各地へ出張へ行く間が狙い目というのが、2005年までだったのですが、全検出場したC12はATSがSNに更新されたので今後の牽引機には気を抜けません。

250回の記録
(2014/01/01)


「SLもおか」Now
(2017/05/01)


明日萌のC12


戻る

c1266
 

北真岡の桜のトンネル

6002レ  2013-04-06 西田井〜北真岡

NIKON D7100 AF-S Nikkor 70-200mm F4G ED VR