台湾鉄路局のC12(CK120)


 四半世紀前の台湾には多数の国鉄型蒸機が走っていました。
特に、かって鉄道模型趣味(TMS)誌に載っていた集集線の木造客車を引くC12(台湾ではCK120型)は一度は見たいと思っていました。 しかし1978年(昭和53年)、ここにも電化の波が押し寄せ、蒸機達は消え去ることになりました。当時大学生の私は1978年の春休みに未だに灯火官制の残る台湾を訪問しました。

訪問時は、CK121、122、124、127の4両が、縦貫線・集集線で運用中。CK123、125、126の3両が二水で休車中でした。忘れかけていた農村風景が残る集集線の貨物列車だけでなく、意外にも幹線を長編成の旅客列車を単機牽引し疾走するCK120の姿は強く焼き付けられました。

そして21世紀を迎えて・・・・・台湾にCK124の煙が蘇りました。

 

「現役時代」か「復活後」のCK124の姿をクリックしてご覧下さい。

 

「現役時代」 入口
(2007/07/01 Updated)

 

「復活後」 入口
(2017/04/01 Updated)

 
  CK124今昔  
     

前ページへ戻る(Back)